HOME  > コンテンツ  > 日本政策金融公庫/国金/創業融資  > 新創業融資における自己資金

新創業融資における自己資金

新創業融資における自己資金について

ここでの自己資金とは、返済不要のお金です。

一時的に借りてきたお金は、自己資金としては認められません。

これらを確認するために、預金通帳が非常に大切となってきます。

会社を設立する場合は、原則として資本金を自己資金とみなされますが、現物出資については自己資金とは見てもらえないことが多いようです。

親や兄弟からの援助(返済不要)の場合であれば、直接親兄弟の口座から自分の口座へ振り込んでいただく必要があります。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
日本政策金融公庫(旧国金)の新創業融資制度
カテゴリートップ
日本政策金融公庫/国金/創業融資
次
飲食店の開業/事業計画書/創業計画書〜政策金融公庫からの借り入れ/融資で失敗しない方法〜

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

会社設立 投資経営 外国人の会社設立 手続き 方法 費用 代行

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士