HOME  > コンテンツ  > 一般社団法人設立  > 一般社団法人設立の要件について/大阪/神戸/兵庫

一般社団法人設立の要件について/大阪/神戸/兵庫

§ 一般社団法人設立の要件

〜一般社団法人設立の要件〜

※社員2名以上、役員として理事が1名以上(任期は2年以内)が必要です。

一般社団法人では、主に社員で構成する「社員総会」が最高意思決定機関となります。

また、理事3名以上で構成される「理事会」が設置された場合、理事会が業務の執行機関となります。

監事は任意機関となっています。(理事会を設置する場合は、必ず1名以上の監事が必要。)

※出資の制限はありません。(0円でも設立が可能)

一般社団法人では、設立時に一定額の出資は求められていません。

しかし、安定した一般社団法人の運営を行うため、「基金制度」を用いてもかまいません。

「基金制度」を導入するには、定款に記載が必要です。

基金制度とは、一般社団法人に社員やその他の者(拠出者)から、金銭その他の財産を活動を行うための資金(基金)として拠出してもらう制度です。

また、拠出された基金は、返還義務を負うものとされています。

※定款の認証及び一般社団法人の設立登記が必要。

平成20年12月1日に施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」により、営利(剰余金の分配)を目的としない社団や財団については、事業の公益性の有無にかかわらず、公証役場での定款の認証を受け、法務局で登記をすることにより容易に設立することが可能となりました。

※名称の前後どちらかに「一般社団法人」という文字を使用すること。

一般社団法人は公益法人ではありませんので、公益認定を受けていない一般社団法人が、名称中に「公益」という言葉を使用することはできません。

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
一般社団法人設立のメリット/大阪/神戸/兵庫
カテゴリートップ
一般社団法人設立
次
一般社団法人の定款への記載事項/大阪/神戸/兵庫

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

会社設立 投資経営 外国人の会社設立 手続き 方法 費用 代行

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士