HOME  > コンテンツ  > 許認可申請  > 産業廃棄物収集運搬業許可  > 経理的基礎の要件/産業廃棄物収集運搬業

経理的基礎の要件/産業廃棄物収集運搬業

§経理的基礎の要件とは

産業廃棄物収集運搬業許可を取得するには、事業継続できると判断されなければなりません。

その判断基準として、下記をご覧ください。

  1. 利益が計上できていること

  2. 債務超過の状態でないこと

直近三年分の決算書(損益計算書・貸借対照表)や納税証明書(法人税・所得税)等によって、判断されることとなります。

※自治体によっても判断基準が多少異なりますので、必ず事前に確認してください。 財務内容が良くない(債務超過の状態が続いてる)場合には、収支計画書等の提出により許可を取得する事ができる場合もあります。

1.の利益が計上できていることとは、直近の決算等において資本の合計額がマイナスとなっていない状態をいいます。

2.の債務超過の状態でないこととは、直近の決算等において当期純利益がプラスの状態であること。又は、直近三年間を平均し、プラスの状態をいいます。

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
産業廃棄物収集運搬業許可の欠格要件
カテゴリートップ
産業廃棄物収集運搬業許可
次
運搬施設の要件/産業廃棄物収集運搬業

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

会社設立 投資経営 外国人の会社設立 手続き 方法 費用 代行

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士