HOME  > コンテンツ  > 合資会社設立  > 合資会社設立サポートQ&A

合資会社設立サポートQ&A

合資会社は一人で設立できますか?
合資会社は、会社を経営する人(無限責任社員)と出資してくれる人(有限責任社員)が、各1名以上で設立できます。出資してもらう額は1円以上でOK。また、家族でもかまいません。
合資会社を設立するメリットは?
こちらをご覧ください。
合資会社を設立するのに、かかる費用とかかる期間は?
打ち合わせ終了後、遅くても1週間以内に書類一式を発送させていただきます。その後、法務局へ提出していただいたその日が設立日となります。費用は、こちらをご覧ください。
合資会社を設立するなら、株式会社の方がいいですか?
合資会社の経営者は「無限責任」、株式会社の経営者は「有限責任」である。つまり、「無限責任」とは、倒産すれば個人の財産をなげうってでもその借金を返済する義務を負います。しかし、実質的には株式会社の経営者も「無限責任」なのです。なぜなら、借金したりする場合には社長個人の保障が求められるからです。また、株式会社を設立する際の最低資本金制度(1,000万円以上)がなくなったことにより、株式ブランドの価値は下がったといえるでしょう。それなら、設立手続きや運営手続きが簡単な合資会社をおすすめします。
自宅を本店にすることはできますか?
自宅が賃貸の場合には、賃貸人(大家)の許可が必要です。自宅が自己所有の場合は特に問題ありません。
お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
合資会社設立の流れ
カテゴリートップ
合資会社設立

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

会社設立 投資経営 外国人の会社設立 手続き 方法 費用 代行

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士