HOME  > コンテンツ  > 助成金  > 受給資格者創業支援助成金

受給資格者創業支援助成金

§ 受給資格者創業支援助成金とは

 受給資格者創業支援助成金とは、※雇用保険の受給資格者自らが創業し、1年以内に継続雇用する労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、創業に要した費用の一部が支給されます。

※雇用保険の受給資格者とは、

労働者として雇用保険に加入しており、離職後、失業保険(基本手当)を受ける権利のある人のことです。

受給資格者創業支援助成金は、5年以上雇用保険に加入していた人が、会社を辞めて起業する場合に受給出来ます。

§ 受給資格者創業支援助成金を受給する為の要件

  1. 雇用保険の適用事業の事業主であること。
  2. 雇用保険の算定基礎期間が5年以上あること。
  3. 創業・設立前に管轄の労働局に届出を行った受給資格者であり、創業・設立の前日において支給残日数が1日以上あること。
  4. 受給資格者が専ら創業・設立した業務に従事すること。
  5. 法人においては、受給資格者自身が出資し、かつ代表者であること。
  6. 創業・設立以後3ヶ月以上事業を行っているものであること。
  7. 創業・設立以後1年以内に雇用保険の一般被保険者を雇い入れ、かつ助成金支給後も引き続き 相当期間雇用することが確実であること。
  8. 創業・設立前に管轄労働局に「法人等設立事前届」を提出していること。

§ 受給資格者創業支援助成金申請の流れ

ステップ1.ハローワークにて受給資格者証の交付を受けます。

ステップ2.創業・設立前に管轄労働局に「法人等設立事前届」を提出します。

ステップ3.雇用保険の適用事業主となります。

ステップ4.雇い入れから3ヶ月経過後・6ヶ月経過後、それぞれ1ヶ月以内に支給申請書を管轄労働局に提出します。

ステップ5.受給資格者創業支援助成金の受給

§ 受給資格者創業支援助成金申請の受給金額

「対象となる経費の合計金額の1/3(上限150万円)」

創業後3か月以内に支払った経費の3分の1(上限150万円)まで、2回に分けて助成金の支給を行います。

創業後、1年以内に雇用保険の一般被保険者を2名以上雇入れた場合は、50万円が支給されます。ただし、上乗せ分に係る支給は1回のみです。

§ 受給資格者創業支援助成金申請のチェックポイント

退職するまでの雇用保険加入期間が5年以上ある

受給資格者の手続きを行っている

支給残日数が1日以上ある

設立から1年以内に、労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業主になる

お問い合わせ・申し込みはこちら

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
助成金の可能性について/会社設立時・従業員雇用時
カテゴリートップ
助成金
次
中小企業基盤人材確保助成金

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

会社設立 投資経営 外国人の会社設立 手続き 方法 費用 代行

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士