HOME  > コンテンツ  > 事業目的の決め方

事業目的の決め方

§会社の事業目的

 会社というのは、定款に記載されていない事業を行うことはできません。

事業目的によっては、許認可申請を行わなければならないものもあります。

実際に行おうとしている事業だけではなく、近い将来に行うであろう事業についても定款に記載しておきましょう。

§事業目的を決めるポイント

  1. 適法性」・・・法律に違反すること、公序良俗に反することを目的とすることはできません

  2. 営利性」・・・会社は利益を追求する営利法人なので、営利性のない目的を定めることはできません。

  3. 明確性」・・・第三者が見てもわかるかどうか

  4. 具体性」・・・具体的なものになっているかどうか

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
会社の定款
カテゴリートップ
TOP
次
資本金について

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
韓国語・中国語OK

Motoki Wada | 行政書士 em plus 法務事務所 代表

menu

会社設立 投資経営 外国人の会社設立 手続き 方法 費用 代行

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士